高度外科手術

当病院では他病院様からの手術のご紹介も受けているため外科適応症例が多く、特に高度な技術、機械が必要な外科手術の症例の一部をご紹介致します。 椎間板ヘルニア膝蓋骨内方脱臼白内障手術に関しては専用ページがあるため、そちらをご参考下さい。

①肝臓の外科手術

病名:肝細胞癌 手術法:内側右葉完全肝葉切除術
症例:11歳 避妊雌 MiX犬 12kg
主訴:1週間前から食欲の低下と嘔吐で来院されました。
検査:腹部超音波検査にて肝臓内側右葉に直径約12cm大の肝臓腫瘍が認められました。また、胆のうに重度の胆泥の貯留を認めました。
治療:飼い主様の希望により、肝臓腫瘍摘出手術と胆嚢切除手術行いました。
肝臓腫瘍摘出は特に血管系の処理が重要で基本的な結紮技術はもちろん、超音波乳化吸引装置や血管シーリング装置などを駆使し血管を一つずつ処理して行きます。
肝臓腫瘍と胆嚢を摘出した写真です。肝臓腫瘍摘出には超音波乳化吸引装置を使用し、かなり安全に手術が可能でした。
胆嚢内にはゼリー状の内容物が詰まっていました。手術後は2日後から食欲も改善し、状態も改善しました。病理検査で肝細胞癌との診断でしたが、手術で切除しきれているとのことで、今後は無治療で経過観察中です。

②心臓の外科手術

病名:動脈管開在症 手術法:開胸下動脈管結紮術
症例:6ヶ月齢 チワワ 雄
症状:かかりつけの病院でワクチン接種時に心臓から異常な雑音が聴取されるとのことでご紹介を受けました。
検査:胸部レントゲン検査で心臓の拡大を認め、心臓超音波検査にて、右肺動脈と大動脈の間に直径3.9mmの幅の動脈管(赤矢印)が認められました。
治療:飼い主さまの希望で、開胸下にて動脈管の閉鎖手術を行いました。
大動脈と肺動脈の間に動脈管(白矢印)が認められたため、動脈管の下をイーグルフックといわれる特殊な器具を通し、そこに縫合糸を引っかけ通した後に動脈管を結紮し無事手術は終了しました。
術後、検査では動脈管からの血液の漏れもなく、経過は良好です。
今回の心臓手術の際には獣医心臓病専門医の先生にも診察してもらい、一緒に手術をしました。
かなり専門的で危険な分野のためこのような専門医の存在がとても重要と考えています。

③副腎の外科

病名:褐色細胞腫 手術法:右副腎腫瘍摘出術
症例:9歳 Mix犬 避妊雌
主訴:1ヶ月前から急に元気がなくなり、失神することもあるとのことでかかりつけの病院で診察をうけ、検査にて腹腔内に腫瘍があるとのことでご紹介を受け当病院に来院されました。
検査:
腹部超音波検査およびCT検査にて右副腎に直径6cm大の腫瘍(赤矢印)が認められました。機能性副腎腫瘍が疑われ、飼い主様の希望により摘出手術を行いました。
腫瘍は右腎臓、肝臓の尾状葉に癒着していたため摘出に時間がかかりましたが、なんとか無事手術を終えることができました。
病理検査の結果、褐色細胞腫と言われる珍しい腫瘍で、急に血圧が上がり下がりするため命の危険のあることもある疾患です。
術後は1週間程で退院し、今では元気に過ごしています。

④胃の外科

病名:胃腺癌 手術法:幽門側胃切除術(ビルロードⅠ変法)
症例:11歳 シーズー 避妊雌
主訴:1ヶ月前から急に痩せてきて、たびたび嘔吐することがあったとのことで来院されました。
検査:腹部超音波検査および上部消化管内視鏡検査にて胃の小湾に腫瘍が認められました。
手術:飼い主様に希望により、胃の亜全摘手術および再建手術(ビルロード法)を行いました。
手術では切除する胃の周囲の血管の処理と食物の流れを意識した胃と十二指腸の再建法が重要です。今回は幸い、胃の噴門部まで腫瘍が浸潤していなかったため、噴門部温存のビルロード1変法という術式で再建手術を行いました。 病理検査では胃腺癌との診断でしたが、術後は嘔吐もなくなり食欲も改善しました。術後抗がん治療を行い途中経過良好でしたが、手術して約1年後に肺転移にて亡くなりました。胃の悪性腫瘍は進行が早く、発見時には手遅れのことも多々あります。日頃からの検診が犬や猫にとっても重要だと改めて確認しました。
  • ct検査
  • ヘルニア
  • 脱臼
  • 前十字靭帯断裂症
  • 骨折治療
  • 腫瘍外科
  • 腹腔鏡
  • 門脈体循環シャント
  • 白内障
  • 会陰ヘルニア
  • セカンドオピニオン
  • ドクターコラム
  • しつけ教室
  • 求人情報

交通アクセス

〒869-1235 熊本県菊池郡大津町室317 TEL: 096-293-5654
駐車場あり 10台
◆大きな地図で見る