マイクロチップについて

マイクロチップってどんなもの?

マイクロチップ

マイクロチップはペットを迷子にさせないための、重要なアイテムです。 直径2mm、長さ8~12mm程度の小さな円筒形の電子標識器具です。 チップには、世界にひとつしかない15桁の数字が記録されており、 この番号を専用のリーダー(読み取り機)で読み取ることができます。

このチップを体に埋め込んで、この番号と飼い主の名前、住所、 電話番号などを、「動物ID普及推進会議(AIPO)」のデータベース に登録しておきます。

登録をきちんと済ませておけば、もし迷子になっても動物の愛護管理を担当する行政で 保護されたときに、飼い主の元に連絡をしてもらえるのです! つまり、「絶対になくさない迷子札」なのです。

どこに、どうやって埋め込むの?

普通の注射針より少し太めの「インジェクター」を使って、注射をするように埋め込みます。 この処置は、獣医療行為にあたるため、必ず獣医師が行わなくてはいけません。 動物の種類によって、場所は異なりますが、犬やねこは首の後ろ(背中)の皮下が一般的です。

埋め込み料は、動物病院や動物の種類によって違います。 特定動物(危険な動物)の所有者は、マイクロチップの埋め込みが義務づけられています。 最寄りの都道府県庁または政令市の動物愛護管理行政担当部局にお問い合わせください

  • ct検査
  • ヘルニア
  • 脱臼
  • 前十字靭帯断裂症
  • 骨折治療
  • 腫瘍外科
  • 腹腔鏡
  • 門脈体循環シャント
  • 白内障
  • 会陰ヘルニア
  • セカンドオピニオン
  • ドクターコラム
  • しつけ教室
  • 求人情報

交通アクセス

〒869-1235 熊本県菊池郡大津町室317 TEL: 096-293-5654
駐車場あり 10台
◆大きな地図で見る