犬の巨大肝臓腫瘍

手術:肝臓内側右葉腫瘍および外側右葉腫瘍全摘出手術
症例:犬 12歳 避妊雌 体重12kg
主訴:1年前から肝臓に腫瘍が認められており、お腹が膨れてきて元気食欲ともになくなってきたため、他の病院からの紹介で来院されました。超音波検査およびCT検査にて肝臓内側右葉および外側右葉に巨大な肝臓腫瘍が認められました。



CT検査:肝臓内に腫瘍が確認されました。
飼い主様からの希望により、手術にて肝臓に発生した腫瘍の摘出手術を行いました。これくらい大きくなるとかなり危険な手術になることが予想されます。

開腹した時の写真です。巨大な肝臓腫瘍が確認されました。



意外にスムーズに肝臓の腫瘍が摘出できました。出血もほとんどありません。



 摘出した内側および外側右葉に発生した肝臓腫瘍です。

術後経過は良好ですが、残った肝臓にも小さい腫瘍の肝内転移が手術時に見つかりました。そのためこのわんちゃんは完治が難しいですが今後は残った腫瘍が出来るだけ大きくならないように抗がん治療を受けています。
肝臓腫瘍は症状が大きくなるまで出ないため発見が遅くなりやすく、手術時には摘出不可能になることが今まではありましたが、最近は技術や手術機械の進歩でかなり大きい腫瘍まで摘出することができるようになりました。しかし、早期の発見や治療に越したことはありません。日頃からの定期的な健康診断が重要だと思いました。

  • ct検査
  • ヘルニア
  • 脱臼
  • 前十字靭帯断裂症
  • 骨折治療
  • 腫瘍外科
  • 腹腔鏡
  • 門脈体循環シャント
  • 白内障
  • 会陰ヘルニア
  • セカンドオピニオン
  • ドクターコラム
  • しつけ教室
  • 求人情報

交通アクセス

〒869-1235 熊本県菊池郡大津町室317 TEL: 096-293-5654
駐車場あり 10台
◆大きな地図で見る