フィラリア予防のすすめ


フィラリア症は蚊に刺されることで感染する寄生虫疾患です。
フィラリア虫体は犬の心臓や肺動脈に寄生します。咳が出る、息切れ、疲れやすいなどの症状がみられたら早めにご相談ください。
重度の寄生の場合フィラリアが心臓の弁にからまり高い確率で死亡しますが、感染初期〜中期ではちゃんと治療すれば完治する病気です。また、フィラリアは予防すれば100%防げる病気です。
予防を怠ると「知らない間に感染していた」ということがあります。
フィラリアは蚊の発生する時期に合わせて、この地域では4月末から12月はじめまで注射や飲み薬等の予防が必要です。

予防薬のタイプ
①錠剤、お菓子タイプ:1ヶ月に1回投与 昔からの人気商品

錠剤タイプ

お菓子タイプ

②注射タイプ:1回で1年間有効 飲み忘れがなく安心です。

※成長途中の子犬は、体重の変動があるため飲み薬かスポットタイプでの予防となります。

③フィラリア、ノミダ二同時予防タイプ:ノミダニ、フィラリアが同時に予防できるため、アウトドア派のわんちゃん、外飼いのわんちゃんにはおすすめです(^0^)

錠剤タイプ:フードと一緒に投薬できます。1ヶ月に1回

スポットタイプ:飲み薬が苦手はわんちゃんにおすすめ、猫ちゃんにもオッケー!

※注意点
当病院ではフィラリア予防薬を安全にご使用いただくために、フィラリアに感染していないかの検査をフィラリア予防薬を飲み始める前に推奨しております。
フィラリアに感染した状態でフィラリア予防薬を投与すると 体に異常をきたし、死亡する場合があります。 当病院では検査を実施することをお勧めしており、感染していないことを確認してからの予防薬処方の実施を心がけております。

  • ct検査
  • ヘルニア
  • 脱臼
  • 前十字靭帯断裂症
  • 骨折治療
  • 腫瘍外科
  • 腹腔鏡
  • 門脈体循環シャント
  • 白内障
  • 会陰ヘルニア
  • セカンドオピニオン
  • ドクターコラム
  • しつけ教室
  • 求人情報

交通アクセス

〒869-1235 熊本県菊池郡大津町室317 TEL: 096-293-5654
駐車場あり 10台
◆大きな地図で見る